蜂の巣の形状で蜂の種類を判別~退治前に巣を観察~

壁の隙間に蜂の巣がある場合は近づかないことが大事!

蜂の種類や巣の特徴を知って効果的に蜂退治~安全の確保を第一に~

蜂の巣

蜂は昆虫の中でも猛毒を持っており、人間を襲うこともあるので、危険な生物として知られています。蜂は種類によって性格や特徴が異なりますので、見分け方を把握しておくことが大事です。ここでは、蜂の種類別の巣の特徴や違いを紹介します。

種類と巣の特徴

スズメバチ
スズメバチの巣は、マーブル模様をしていて大型のボール状です。巣の中の蜂の数が多くなると、巣も巨大になっていきます。1m以上のスズメバチの巣も発見されています。そして、巣の入り口には見張り役のスズメバチが待機していて、敵の襲撃に備えているので、自分で退治することは危険です。
アシナガバチ
アシナガバチの巣は、お椀を逆さまにしたような形状しています。六角形の蜂の巣らしい構造をしているために、知識のない人が見ても蜂の巣と認識できるでしょう。模様はなく、泥や草の繊維で作られていて、灰色や茶色をしています。家の軒下などに作られることが多いでしょう。
ミツバチ
ミツバチは閉鎖した場所に巣を作ることが多く、巣の周りには大量の働き蜂が密集しています。巣の色は黄色やクリーム色をしています。住宅の壁の隙間に入り込んで巣を作ることもありますので、壁からハチミツが垂れてくる被害も発生しています。

蜂の巣を見つけたら


蜂の巣らしきものがあるのですが…
蜂の巣を発見したら、安易に近づかずに早めに退治してくれる業者に連絡してください。蜂を刺激すると襲われることもありますので、非常に危険です。業者が退治するまでの間避難しておきましょう。最近は住宅の周辺に蜂が巣を作るケースも増えています。蜂の巣の場所を特定しようと探したり、壁の隙間など巣が隠れている可能性のある場所を覗き込んだりしないようにしましょう。人を刺すスズメバチ、アシナガバチ、ミツバチにも壁の隙間に入って、営巣する種類もいます。巣の特定は業者に任せましょう。

まとめ

蜂は種類によって、全く違う巣を作りますので、巣を見ただけで種類を特定することも可能です。しかし、巣を発見しても決して近づかないことが重要です。すぐに避難して、蜂の巣を退治してくれる業者に依頼しましょう。

壁の隙間に蜂の巣があったらまずは業者に相談する

もし住宅の壁の隙間など人の手が届きにくい場所に蜂の巣を発見した場合は、被害を防ぐためにも業者に相談してみましょう。ここでは、業者を利用するメリットを紹介します。

実際に依頼した人の声

危険な蜂退治も任せられる(40代/男性)

退治してくれる業者は、蜂駆除の専門家なので、どんな種類の蜂でも退治することがメリットです。以前、自宅の壁の隙間に蜂の巣を作られてしまいました。自分では退治できなかったのですが、業者に依頼すると、安全性を確保しながら駆除作業をしてくれました。

しっかりと対策をしてくれて安心(30代/女性)

蜂は退治した後も適切な対策をしないと、再び同じ場所に巣を作るそうです。駆除作業中に巣に戻ってきた蜂の対策や、壁の隙間などの出入り口を塞ぐなどの巣の再発防止策も蜂を退治してくれる業者は行なってくれるので、安心して任せることができます。

まとめ

蜂退治は自分でもできますが、危険を伴う作業になります。安全に生活できる環境にするためには、退治を専門に行なっている業者に依頼した方が良いでしょう。

TOPボタン